AXCR List – Japan-Satoshi Takeno


image_pdfimage_print

Small beat fast

Mobilnya kecil dan pengalaman saya dulu,Suzuki Jimny selalu luput dari pemberitaan.  Mungkin karena kendaraanya kecil selalu dipandang sebelah mata oleh lawan lawannya. Tetapi terbukti team kami Suzuki Sport Indonesia dan kancil offroad team dimana saya bergabung tahun 1991-1996 bisa mengalahkan team papan atas pada kejuaraan offroad speed Puspita Saguci 500 dan SODA Offroad Racing. 

Sejarah juga membuktikan bahwa Kenjiro Shinozuka dengan navigatornya Eiji Chiba pada tahun 2015 juara 2 umum dan juara 1 kelas bensin.

Ditahun 2018 Kenjiro Absen, Team Suzuki Japan diwakili Garage Monchi yang dipimpin oleh Satoshi Takeno. 3 Suzuki Jimny ikut serta dalam kejuaraan ini. 1 Satoshi Takeno, 2. Kou Hamaguchi dan 3. Sinichi Morita. Team yang jauh dari hiruk pikuk dan mekanik yang jumlahnya sedikit. tetapi bisa membuktikan bahwa team Suzuki tidak bisa dipandang sebelah mata.

Satoshi Takeno pelan tapi pasti menaiki peringkat klasemen dan akhirnya bisa menduduki peringkat 2 kelas T1G dan 8 overall. 

Ini adalah pencapaian luar biasa kalau dilihat dari kompetor lain yang CC kendaraan lebih besar, dimensinya dan kemampuannya yang berbanding terbalik dengan Suzuki Jimny. 

Satoshi Takeno membangun sendiri mobilnya di Garage Monchi.  Dia sadar bahwa mengandalkan mobil yang tangguh itu penting karena Jimny powernya tidak lebih dari 80 HP. (G13BB). 

Satoshi Takeno, memimpin team kecilnya berlaga melawan para raksasa, ada team pabrikan Isuzu kemudian team pabrikan Toyota dan dia hanya team privateer, Salut !!!

Ini pula yang memicu wijaya kusuma untuk ikut serta tahun depan dengan kendaraan Jimny JB43 dengan M13A engine Suzuki Sport. 

 

車は小さく、過去の私の経験では、スズキ・ジムニーはいつもニュースをエスケープします。たぶん、車両が小さいので、相手には常に過小評価されています。しかし、私たちのチームは、スズキスポーツインドネシアと私は1991年から1996年のチャンピオンシップオフロードスピードPuspita Saguci 500とSODAオフロードレーシングでトップのチームを倒すことができます年入社鹿のオフロードチームを証明しました。

 

歴史はまた、2015年に彼のナビゲータである千葉栄治と共に篠塚健次郎がガソリンクラスで2位のチャンピオンと1位だったことを証明しています。

 

2018年、竹野聡が率いるガレージ・モンチーが代表するスズキ・ジャパンチームの無印賢次郎で、 3スズキジムニーがこの選手権に参加しました。 1竹野聡、2浜口浩、3森田慎一。チームは、少数のメカニックの喧騒から離れています。スズキのチームを過小評価することはできないことを証明することができます。

 

竹野聡は徐々にしかし確実に順位を上げ、最終的にT1Gクラスで2位、全体で8位となった。

 

これは、他の競技者から見れば、CC車両がより大きく、その寸法と能力がスズキジムニーに反比例するという驚異的な成果です。

 

竹野聡はMonchi Garageで自分の車を作りました。彼はジムニーが80 HP以上のパワーを持っていなかったので、厳しい車に頼ることが重要であることを認識しました。 (G13BB)。

聡竹野は、巨人に対抗するために彼のチームを率いて、何のメーカーいすゞチームは、メーカー、トヨタと彼は唯一のプライベーターチーム、Salutのをチームません!

来年、鈴木スポーツM13Aエンジンを搭載したJB43ジムニーの車でクスマ・ウィジャヤが参加することにもなります。ます。

 

 

Sayonara Takeno San…see you next year

FOTO : GarageMonchi